本文へスキップ

放射線技師・臨床検査技師・医療系の予備校・個別指導塾アイメックは大阪市天王寺駅・難波駅近く

看護英語

医学部・看護大学・看護学校・理学療法士・作業療法士放射線技師・検査技師等の医療系学校に対応した授業

英語勉強法

看護学校に向けた英語の勉強はどのようにすれば良いか?。
 英単語・英文法・長文読解が単元としての3本柱になります。英語は、中学・高校時代に得意としていたか、苦手だったかでかなり勉強の進め方が変わります。得意だった方は、たとえブランクがあっても、個別指導塾や予備校・集団塾に行かなくても、独学で十分やれるでしょう。アイメックも個別指導塾予備校と言いながら、数学と小論文を受ける方が中心ですので、科目としての性質が良くわかります。しかし、英語が苦手だった方は、看護受験の集団塾や予備校に行っても厳しいと思います。なぜなら、学校で行われた授業が繰り返されるだけですので、理解が難しいと思います。だから、個別指導塾予備校アイメックに通いましょう!とは言いませんが、過去問を見て勉強の攻め方を決めるのが良いと思います。なぜって、入試問題はマークシートがほとんどですし、単語の書き取り問題も看護学校によっては多いですよね。特に、身体・医療・病気に関する単語等は、いの一番に覚えていったほうが良いですね。英単語を覚えるときは、必ず発声をすること。綺麗な発音でなくても良いので、カタカナでどう読むのかを知るのです。英単語の読み方は傾向があるので、読み方を意識して勉強していけば、覚えやすさはかなり変わります。そして、英単語には漢字の部首に当たる接頭辞や接尾辞がありますので、これらも意識すれば覚えやすくなります。
 具体的には、毎日、単語帳を1ページずつ(単語数で言えば、10個〜15個ずつ)覚えながら、2〜3日ごとに覚えたページの単語がきちんと覚えられているかをチェックするのです。それを繰り返すと、徐々に単語の知識が増えていきます。要は、単語も人と同じで馴染みになっていくことが大切なのです。英単語の暗記学習は単調なので、達成感を感じながら進めていくことが大切です。上でも述べましたが、英単語は読み方に傾向があり、それを意識することは非常に大切です。それから、接頭辞・接尾辞でニュアンスをしっかりつかみましょう。
 さて、英語が苦手な人にとってみれば、本当に嫌な英文法ですが、主語+be動詞または一般動詞、人称代名詞等の基本をしっかり理解することが大切です。このページのリンクになる中学英文法に具体的なことを載せています。出題頻度の高い、不定詞・助動詞・受動態・現在完了・分子・関係代名詞等は、習うより慣れろで繰り返し学習することが大切です。習うより慣れろと書きましたが、上記の基本がしっかり身に付けば、これらの各単元の理解もできるようになると思います。英文法の問題は、センター試験よりは明らかに易しいので(レベルが一番高いところでも)、中学〜高1の内容で四者択一の問題をたくさんすることは有効な手段だと言えます。
 長文読解の問題は、文中の下線部英文の前後が理解できれば解ける問題になっているのですが、下線部英文の前後が理解ができるようになるためには、一定の単語力と英文法力を身につけておく必要があります。だから、英単語と英文法の学習が長文対策より優先されます。また、長文でわからない単語に出会ったときは、辞書や単語帳で調べてその単語を覚えるようにして下さい。


バナースペース

個別指導塾 アイメック

アイメック難波校
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中1-9-10
マッセ難波ビル7階703号室
難波校アクセス
アイメック天王寺校

〒543-0054
大阪府大阪市天王寺区南河堀9−43
天王寺北口ビル802号室
天王寺校アクセス


ナビゲーション

copyright©2013 AIMEC all rights reserved.

サブナビゲーション