本文へスキップ

看護学校予備校・個別指導塾のアイメック 天王寺区桃谷駅近く 高校生・社会人の受験指導

看護師国試4

医療系対策なら天王寺区桃谷駅近くのアイメックへ!

まずは看護学校に合格することが大切と思い勉強に励まれていると思いますが、入学後の勉強、看護師国試に関心を持っておくことも大切だと思います。
看護師国試の問題をどうぞご覧ください。


感覚温度を求めるときに使われない情報はどれか。 

@ 気温
A 気流
B 気圧
C 気湿

 人間の温度の感じ方は、実際の温度だけでなく、湿度、気流などによって変わってきます。気圧の変化は、体感温度に関係しないとされています。。

正解B

手指を消毒する場合の殺菌消毒剤の種類と使用濃度との組合せで正しいのはどれか。 

@ イソプロピルアルコール 100%
A ポビドンヨード 20〜30%
B グルコン酸クロルヘキシジン液 0.1〜0.5%
C 塩化ヘンザルコニウム 0.5〜1.0%

消毒液は消毒部位によって濃度が異なるものも多いので、注意が必要です。イソプロピルアルコールはイソプロパノールともいい、通常50%〜70%で手指消毒などに用いられます。ポビドンヨード(イソジンなど)は、手指消毒には7.5%、グルコン酸クロルヘキシジン(ヒビデン液)は0.1%〜0.5%、塩化ベンザルコニウム(オスバンなど)0.05〜0.1%で使用します。ただし、最近では、これらの薬剤を希釈してベースン内で消毒する方法は、院内感染防止の観点からは推奨されません。

正解B

成人の胃への経管栄養で正しいのはどれか。

@ チューブ挿入の長さの目安は鼻孔から噴門までの距離を30pとする。。
A チューブ挿入時の体位は仰臥位とする。
B 注入する前にはチューブからの胃液の逆流を確かめる。
C 流動食に粘稠性がほとんどないときは最後に温湯を注入しない。

 成人の鼻孔から噴門部までの距離は、咽頭の長さ12p、食道25p、これに鼻孔の長さ7〜8pを加えた長さで、約45p〜50pをチューブ挿入の目安にします。チューブ挿入時は、チューブが期間に入るのを防ぎ、食道に入りやすくなるよう半坐位か頭部を少し挙上した体位で行います。チューブが確実に胃に入ったかどうか、注射器をつけて胃液を吸引して確認してから、流動食を注入します。注入後は、流動食の粘稠度に関わらず、必ず微温湯を流して、チューブ内の詰まりや流動物の残渣の腐敗を防ぐようにします。

正解B

一般的に薬剤の吸収が最も遅いのはどれか。 

@ 皮内注射
A 筋肉内注射
B 気道内吸入
C 舌下与薬

薬剤は、血管が豊富な部位へ投与すると、吸収が早くなります。皮内注射は、真皮内に少量の薬剤を注入するので、血管も少なく九州は緩慢です。筋肉組織は血液循環が多く速やかに吸収されます。気道吸入は気道を通して薬剤を肺に送り血液とともに循環するので、速効性があります。また舌下は粘膜と豊富な毛細血管から吸収され、効果が表れやすい部位です。

正解@

輸液の滴下速度が速すぎた場合に起こる合併症はどれか。2つ選びなさい。 

@ 肺水腫
A 下痢
B 動脈血酸素部夏(PaO2) 上昇
C 心不全

輸液の速度が速いと血液循環量が増加し、心肺機能に重大な影響を及ぼします。肺毛細血管圧が上昇し、浸透圧により、間質、肺胞に血液中の水分が濾出して肺水腫を引きおこります。またうっ血性心不全が生じることもあります。下痢など、消化器系の症状が現れるkとはないでしょう。静脈内輸液の影響が動脈系つのガス分圧に現れることは少ないですが、肺うっ血が起こるとむしろ動脈血の酸素分圧は低下します。。

正解@C

温罨法で正しいのはどれか。 

@ 同じ表面温度では湯たんぽよりも温湿布の方が熱く感じる。
A 貼用部位にオリーブ油を塗布すると温室効果が持続する。
B 空気の入った湯たんぽは温熱刺激が伝わりやすい。
C 温湿布の布の表面温度は手背で調べる。

罨法には冷罨法と温罨法がありますが、それぞれの目的と使用法を理解しておきましょう。皮膚深部への熱伝導が大きいのは湿熱ですから、温湿布の方が湯たんぽよりも熱く感じられます。長時間の貼用は、皮膚が傷つきやすい状態になりますから、皮膚の保護の目的でオリーブ油やワセリン等を塗布します。空気の入った湯たんぽでは熱伝導が悪いので、空気は抜きます。これは氷枕も同様です温湿布の表面温度は、温度間隔の敏感な前腕内側で確認します。

正解@

喫煙習慣のある夫と2人暮らしの慢性閉塞性肺疾患(DOPD)の主婦が在宅酸素療法を開始することになった。適切な指導はどれか。2つ選びなさい。 

@ 調理には電磁器具を使用する。
A 夫は禁煙または分煙する。
B 入浴時には酸素吸入を中止する。
C 酸素流量は呼吸状態に合わせて調節する。

輸液の速度が速いと血液循環量が増加し、心肺機能に重大な影響を及ぼします。肺毛細血管圧が上昇し、浸透圧により、間質、肺胞に血液中の水分が濾出して肺水腫を引きおこります。またうっ血性心不全が生じることもあります。下痢など、消化器系の症状が現れるkとはないでしょう。静脈内輸液の影響が動脈系つのガス分圧に現れることは少ないですが、肺うっ血が起こるとむしろ動脈血の酸素分圧は低下します。。

正解@A




 

サイトマップ 
  かがやきゼミナール

バナースペース

個別指導塾 アイメック



I can
本当は、You can do it !で「君ならできるよ」だとか、「やればできるよ」という、相手を励ます表現ですが、受験勉強をしている時は、自分との戦いなんだから、「頑張れ!自分よ」ですよね。だから、私は I can do it !という表現をよく用います。

onore
長丁場の受験生活では、どうしても勉強が辛く感じたり、嫌になってしまったりするときがあるものです。勉強のストレス解消に趣味で気分転換ということもありあすが、最終的に勉強のストレスは勉強で解消するくらいの気持ちで頑張りましょう。学力が上がるのって嬉しいですよね。それに人間は弱い生き物で、気分転換をいい理由にして、勉強から遠ざかってしまうこともあるのです。そんな弱い自分に克って、自信をつけましょう。

hanahiraku
努力は無駄にならない。もっと言えば、失敗はお金では買えない教材ともいえる。失敗を恐れず、強い願望を持って突き進みましょう。いつかは開花しますし、努力によって得られた成果は人生の大変な財産になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

jishuu
有料自習室ナビ
有料自習室ガイド
【有料自習室.com】最適な有料自習室をスピード検索!

copyright©2013 AIMEC all rights reserved.

サブナビゲーション