本文へスキップ

放射線技師・臨床検査技師・医療系の予備校・個別指導塾アイメックは大阪市天王寺駅・難波駅近く

TEL. 080-6120-4280
06-6777-8076

英文法

看護学校・看護大学・医療系対策の個別指導予備校!
高校生から社会人の方まで対応!抜群の面倒見で強い願望に応えます!

教室に通えない方には… 医療看護通信添削講座詳細 LINEで家庭教師詳細

中学英文法

中学英文法の本質を理解しましょう。
英文法基本(主語/述語、動詞/形容詞の識別、be動詞/一般動詞)
英文法の基本を理解できていない生徒が多いです。なぜなら、これは英文法の幹の部分であるがゆえに、抽象概念の理解が求められるからなのです。それゆえ、学校でも指導が難しく、カリキュラム的にも時間に限界があるのです。学校の先生も解っていると思います。これが理解できるかどうかで、受験英語を乗り切れるか否かの差に繋がることを…。ぜひ、英文法の基本の完全マスターに努めてください。これができれば、学校の授業が楽しくなります。定期考査前の其の場凌ぎの勉強をしなくてもよくなります。最近は難関私立大学も記述問題が無くなり(減り)、この英文法基本ができていなくても、暗記と読解で合格する生徒が出てきているようです。また、英文法ができていなくても、英語がペラペラに話せる人がいます。そういった人の中には、英文法など理解しなくても良いと言う人がいます。断じて言いますが、それは間違えです。そういう人は学校で学ぶ英語を学問と捉え、英会話との識別ができてない人です。学問としての英語と英会話はかなりずれます(全く異なるとまでは言いませんが)。そのことを理解していない(または避けている)人が意外なほど多いです。そして、そういった人のお決まり文句は日本の英語教育への批判です。日本の英語教育でいい成績を取りたいと思われているのであれば、こういった方の話は聞かれない方が良いかと思います。本気で英会話をやりたいのなら、海外に住むなどして、日本語を交えず、英語で考えられるようになる必要があります。私たちの多くが日々受けている英語教育は、日本語を交えた学問としての英語なのです。ペーパーテストで労せずして点数を取る人は、必ず学問としての英語の基本である英文法を理解しています。なぜ?なぜ?の追求で完全習得に努めてください。これを理解するには時間がかかります。大切なことは理解を曖昧なままに終わらせないことです。しかし、数学や国語に比べ、英語は必ず成果が出せます。長文読解には国語の読解力が影響しますが、英文法は根本の理解をするか否かで決まります。成功を祈り、成績上昇を願って、頑張りぬいてください。

T主語と述語
日本語・英語に関係なく、文には必ず主語と述語があります。述語とは動作の内容を意味し、通常、文の一番最後に来ます。そして、主語は述語の動作を行う対象で、「〜が」とか「〜は」となっている部分です。「公園にはたくさんの花がある」とあれば、「ある」が述語です。そして、何があるのかと言えば、「花」です。ですから、「花が」が主語になります。「公園には」は主語ではありません。必ず述語を見つけ、述語の動作を行っている対象が主語と考えるようにして下さい。ですから、「公園にはたくさんの花がある」を英語に直すと“Many flowers are in the park.”となります。または、“There are〜”は「〜がある」と言う意味ですので、“There are many flowers in the park.”となったりもします。しかし、「〜には」のところが人になると、例えば、「私にはたくさんの兄弟がいる」(兄弟なので「いる」に変えています)を考えます。述語は「いる」ですので、何がいるのかと言えば、「たくさんの兄弟」です。ですから、“Many flowers are in me.”となるかといえばなりません。「私にはたくさんの兄弟がいる」と言う文を英語に直すときは、「私はたくさんの兄弟を持っている」と考え直し、“I have many brothers.”となります。このように例外的な捉え方をする場合がありますが、基本的に主語とは述語の動作を行っている対象ということで探すのが原則です。述語から主語を探すというアプローチや主語と述語の関係を考えて英文を書くことは非常に重要です。しっかりこれらの考えを身に付けておいてほしいと思います。
英文は、@主語+一般動詞、A主語+be動詞+(形容詞か名詞か前置詞)に分かれる。
英語では、述語は一般動詞とbe動詞+〜に分かれます。日本文から英文に直すときに、述語を見ます。そして、その述語がUで書いているようなウ行で終わる動詞だったら、@の英文のパターンです。また、「〜です」や「〜にいる」、「い」や「だ」の形容詞で終わっていれば、Aの英文のパターンです。次の例文を参考にして下さい。
「あなたは速く走る。」→“I run fast .”「私は毎日英語を勉強する。」→“I study English everyday .”
「健はリンゴが好きだ(好きだを好むと考える)。」→“He likes an apple .”「彼は幸せだ。」→“He is happy .”「あの花は美しい。」→“That flower is beautiful .”「彼女は親切です。」→“She is kind .”
likeは「好きです」とか「好きだ」という訳が多く、一般動詞に見えづらいです。「好む」と考え直し、一般動詞と考えて、英文を書くようにしましょう。

U動詞/形容詞の識別
動詞はウ行で終わる 日本語での動詞(英語での一般動詞)と形容詞の区別をしっかり理解されていますか?下の表をご覧下さい。動詞(一般動詞)と形容詞の区別をするには、日本語の意味を覚えることが重要です。動詞(一般動詞)の意味を見ていただくと、全てウ行で終わっていますよね(演奏する、遊ぶ、する、好む、閉じる、来るなどのように)。ですから、日本語の意味でウ行で終わる述語の単語は「動詞(一般動詞)」なのです。だから、「動詞(一般動詞)」の意味を覚える時は、ウ行で終わるように覚えてください。例えば、likeは「〜が好き」と説明されている場合が多いですが、「(〜を)好む」という意味を覚え、ウ行で終わるということを確認してから、「〜が好き」という意味を覚えるべきです。
形容詞は「い、な(だ)、の」で終わる 続いて形容詞の表を見てください。3つのパターンに分かれるので、色分けをしておきましたが、意味のところを見ていただくと気付くことがあります。それは、意味が「い」と「な(だ)」と「の」で終わる場合があるということです。まず、これをしっかり覚えてください。そして、「い」と「な(だ)」で終わる場合は、述語として使えます。「の」で終わる形容詞は述語として使えません。因みに、「big dog」や「many books」等のように名詞を修飾する場合(形容詞+名詞) は、「い、な(だ)、の」の区別はありません。ですから、述語の場合において、形容詞を動詞と区別する場合には、動詞がウ行で終わるのに対し、形容詞は「い」と「な」で終わると覚えてください。

    中1の2学期までに覚える一般動詞 (形容詞と区別する意味でも意味をしっかり覚えてください)
 単語  読み方  意味  単語  読み方  意味
 play  プレイ   (〜を)演奏する、遊ぶ、
(スポーツを)する
go  ゴウ    行く
 watch  ウォッチ   (〜を)見る(動いている
ものをじっと見る)
 live  リブ  住む
 know  ノウ   (〜を)知っている  do  ドゥ―  (〜を)する
 help  ヘルプ  (〜を)手伝う  come  カム   来る
 open  オウプン  (〜を)開ける  walk  ウォーク  歩く
 close  クロウズ   (〜を)閉じる  meet  ミート   (〜に)会う
 have  ハブ   (〜を)持っている   write  ライト  (〜を)書く
  stand  スタンド  立っている  like ライク    (〜を)好む
 use  ユーズ   (〜を)使用する  read   リード (〜を)読む 
 see  シー  (〜を)見る(見える)、(〜に)会う  eat  イート   (〜を)食べる
 visit  ビジット   (〜を)訪問する   speak  スピーク   (〜を)話す
 study  スタディー   (〜を)勉強する  excuse  イクスキューズ   (〜を)許す
     中1の2学期までに覚える形容詞(意味を色分けに注意し、覚えてください。)
 単語  読み方 意味  単語   読み方  意味
 good  グッド  良い kind    カインド  親切な(だ)
 big  ビッグ   大きい  fine  ファイン  元気な(だ)
 red  レッド  赤い happy   ハッピー  幸せな(だ)
 right  ライト  正しい  fast  ファースト   速い
 high  ハイ  高い  many  メニー  たくさんの(数えられる)
 small  スモール  小さい   much  マッチ  たくさんの(数えられない)
 busy  ビジー  忙しい  some  サム  いくつかの
 interesting  インタレスティング  面白い   last  ラースト   最後の、前の
 beautiful  ビューティフル  美しい  every  エブリ  すべての
        favorite  フェイバリット  お気に入りの

T主語と述語でも書きましたが、英文は、@主語+一般動詞、A主語+be動詞+(形容詞か名詞か前置詞)に分かれます。@とAのパターンを混同しないようにしてください。日本文で述語がウ行で終わる単語かlikeであれば、それは一般動詞です(「〜です」は除く)。上の表を見ていただければ、一般動詞はウ行で終わっていますね。そして、「い」と「だ」で終わる単語であれば、形容詞なので、Aのように主語+be動詞+形容詞としなくてはいけません。これらは本当に大事なことなので、しっかり解るようにしておいてください。

Vbe動詞/一般動詞
主語は3つの中のいずれかのグループに分けられます。(教材に載っており、学校でも教わる一人称、二人称、三人称ではなく、次の分け方で覚えてください。この方法が一番間違えが起こらないです。)
@I AYouと複数(2人以上の人、2つ以上のもの) BIとYou以外の1人の人、1つの物
必ず主語は@〜Bのいずれかに属するのです。この3つに分けることにより、動詞が変わるのです。
1)be動詞の場合  be動詞にはam、are、isがあります。これらの単語は下記の表のように使われます。

 主語  対応するbe動詞   be動詞の使われ方  意味  短縮
 I  am  I am 〜  私は〜です。  I’m
 Youと複数   are  You are 〜  あなたは〜です。  You’re
 IとYou以外の1人1つ   is  He is 〜   彼は〜です。   He’s

(注意点)生徒の多くが戸惑うのは複数の場合です。学校は英文法に基づいて指導しますので、一人称・二人称・三人称で教えます。そのため、We(私たちは) は一人称、You(あなたたちは)は二人称、They(彼らは、彼女らは、それらは)は三人称と理解します。それは重要なことではあるのですが、その結果、動詞に与える影響を捕らえ違えてしまう場合が多いのです。We(私たちは)であろうと、 You(あなたたちは)であろうと、They(彼らは、彼女らは、それらは)であろうと、いずれも2人以上の人を指し、複数なのです。だから、これらの主語に対応するbe動詞はareなのです。また、Ken and Tom(ケンとトム)、 Mrs. & Mr. White(ホワイト夫妻)なども2人以上の人を指すのだから、同様に対応するbe動詞はareなのです。AとBのどちらに属するかということで混同する生徒が非常に多いです。ここは時間をかけてでも必ず理解してください。
それから、単数ですが、単数とは1人の人・1つの物を指します。しかし、上の表を見ていただいての通り、同じ単数の中であっても、@のI、AのYou、そして、BのIとYou以外の1人の人・1つの物の各場合で付いてくるbe動詞が違います。Iはam、 Youは areであるのはご存知の通りです。そして、Bに入るIとYou以外で1人の人・1つの物のであれば、全てisなのです。
このように文章で書くと、理解が大変に感じるかもしれません。ですから、とにかく上の表で覚えてください。
2)be動詞の疑問文・否定文 主語+be動詞+(形容詞か名詞か前置詞)の英文の疑問文は次の通り。
疑問文⇒be動詞が主語の前に来て、be動詞+主語+(形容詞か名詞か前置詞)?となります。
否定文⇒be動詞の後にnotが入って、主語+be動詞+ not +(形容詞か名詞か前置詞)となります。
これは、am, are, isのどれであっても同じ結果になります。また、否定文では、are not, is not はaren`t isn`tに短縮されます。
3)一般動詞の場合 重ねてになりますが、一般動詞とは日本語の意味がウ行で終わる単語。例文のSとは主語のことです。左端の主語の欄の同じ行の単語が入ります。Vとは動詞のことです。

 主語  動詞   肯定文  疑問文  否定文
 I  V  S V 〜.  Do S V 〜 ?  S don`t V 〜.
 Youと複数  V S V 〜.  Do S V 〜.?  S don`t V 〜.
 I/You以外の1人・1つ  Vs   S Vs 〜.  Does S V 〜. ?  S doesn`t V 〜.

(注意点)はbe動詞の場合とほぼ同様です。一般動詞の場合は、@とAに入る主語は同じ形を取ります。Bに入る主語の場合は、動詞にsが付き、疑問になると前にDoesが付いて、動詞のsが消えます。否定文では、同士の前にdoesn`tが入って、動詞のsが消えます。

Do、Does、Is、Areで始まる疑問文はYes/Noで答える。

W 疑問詞の入った疑問文
 WhatやWhereなどの疑問詞が入ると、何か文がごっそり変わってしまうというくらい構えてしまう方がいらっしゃいますが、はっきし言って簡単です。次の例文を見てください。
“ You study English there. ”
日本語の訳で「あなたはそこで英語を勉強する」となりますが、もし、これを言った人が実は次のことが分からず、その内容を尋ねたいと思ったら、次のような質問の日本文になります。
@ Youが分からない→「誰が」そこで勉強するか分からない→質問の日本文は「誰がそこで英語を勉強しますか?」
A Englishが分からない→あなたがそこで「何を」勉強するか分からない→質問の日本文は「あなたはそこで何を勉強しますか?」
B thereが分からない→あなたは「どこで」勉強するか分からない→質問の日本文は「あなたはどこで英語を勉強しますか?」
 疑問詞の入った疑問文の作り方は、@のように主語「誰が」を尋ねる場合と、AのBのように主語以外のものを尋ねる場合の2つに大きく分かれます。
@ 主語「誰が」を尋ねる場合は元々の主語がどんな単語であっても、その元々の主語がWhoに変わります。忘れ易いのですが、Whoは三人称の扱いになるので、動詞にはsを付けます。そして、疑問文なので、最後に?マークを付ければ、完成です。
You study English there. → Who studies English there ? 
You →Who  study →studies  .(コンマ)→?(クエスチョンマーク)
A 「何を」を尋ねる場合は、その対象となっている単語(今なら、English)をWhatに変えて、文頭(文の最初)に持っていきます。そして残された文は疑問文に変わります。そして、最後に?マークを付ければ、完成です。
You study English there. → What do you study there ?
English →Whatになって文頭に  You study there→do you study there  .(コンマ)→?(クエスチョンマーク)
B 「どこで」を尋ねる場合は、その対象となっている単語(今なら、there)をWhereに変えて、文頭(文の最初)に持っていきます。そして残された文は疑問文に変わります。そして、最後に?マークを付ければ、完成です。
You study English there. → Where do you study English ?
there →Whereになって文頭に  You study English→do you study English .(コンマ)→?(クエスチョンマーク)

X進行形
 日本語で言えば、「私は今英語を勉強している」という文は現在進行形の文です。「私はその時英語を勉強していた」という文は過去進行形の文です。これらの文を英語に直すと、I am studying English now. I was studying English then.というようになります。生徒が犯しやすい誤答はI studying English now. I studying English then.というように、be動詞を書き忘れることです。おそらく、進行形といえば、〜ingだけのイメージが残っているのでしょう。必ず進行形はbe動詞+〜ingと覚えなくてはいけません。be動詞の後ろに動詞の変形が来るのは受動態be動詞+過去分詞と進行形be動詞+〜ingと、強く印象付けて欲しいです。


Y助動詞
 助動詞とは何か?英語の単語の順番で言えば、動詞の前に入り、表現として動詞を助けるものです。助動詞という漢字を見て分かる通り、動詞を助ける単語なのです。生徒が一番気をつけなくてはいけないのは、助動詞にはどんな単語があるかということについてです。これを覚えられていない生徒が多いです。また、いくつかの助動詞を動詞と勘違いしている生徒も多いです。 

 助動詞  can  may  must  shall will 
 意味  〜できる  〜かもしれない
〜してもよい
 〜しなければならない
〜にちがいない
 〜だろう
〜しましょう
 〜だろう
〜しよう
 過去  could  might    should   would
 意味  〜できた  〜かもしれない    〜すべきです  〜するだろう

生徒たちの間違いで一番目立つのは助動詞の後の動詞の形です。どんな助動詞であっても、助動詞の後は動詞の原型です。助動詞+動詞の原形(単語帳に載っている形)なのです。ですから、過去の助動詞であっても、疑問文になっても、助動詞があれば、それに伴う動詞は原形です。これはくれぐれも忘れないで下さい。
例文 You will get to the station. Will you get to the station?
文法的にはwillの場所に他の助動詞(can,would,shall,mightなど全部)が入ることができる。
助動詞にはどんな単語があって、動詞とどのように並ぶかということがわかれば、あとは各論です。
@助動詞が不定詞を伴う動詞の表現に変わる。
暗記すべき内容から見ていきましょう。@ can 〜 → be able to 〜 A must 〜 → have to 〜 B will 〜 → be going to 〜助動詞やto不定詞の後ろは動詞の原形が入りますから、「〜」の場所には動詞の原形が入ります。この書き換えがスムーズにできない人が多いですから、お経を唱えるように何度も暗誦して覚えてください。ところで、上の@〜Bの表現で、左は「助動詞」、右は「動詞+to不定詞」です。助動詞の後ろには動詞(原形)が来るのですから、左の「助動詞」の後ろに右の「動詞+to不定詞」が来ることが可能です。例えば、「〜しなければならないだろう」という表現であれば、「〜しなければならない」と「〜だろう」が合わさっており、助動詞で言えば、must とwillの表現があることになります。しかし、助動詞+助動詞という形はないです。そこで、後ろの助動詞に当たる部分を「動詞+to不定詞」に変えなくてはならないのです。では、「〜しなければならない」と「〜だろう」のどちらが前・後に来るかといいますと、「〜だろう」が前で、「〜しなければならない」が後に来ることになります。単純に「行くだろう」であれば、will go となるのはわかると思います。そして、この場合でも、will「〜だろう」が前で、go「行く」が後になっていますね。ですから、同じ理屈で、「〜だろう」が前で、「〜しなければならない」が後に来ることになります。「〜しなければならないだろう」の英語の表現はwill have to 〜となります。
「私は今日学校へ行かなくてはならないだろう」→ I will have to go to school.
「私なら入学試験に合格できるにちがいない」→ I must be able to pass the entrance examination.
A助動詞の英文から命令文への書き換え
これも暗記すべき内容が限られています。studyという動詞を使って例文を列挙していきます。
Will you study ? (勉強してくれませんか)→(どうぞ勉強してください)→ Please study.
You must study. (あなたは勉強しなければならない) →(勉強しなさい)→Study.
You must not study. (あなたは勉強してはいけない) →(勉強するな)→Don’t study.
Shall we study (勉強しましょう) →Let’s study.
太字が覚えて欲しい部分、斜字が動詞の部分です。高校入試必出で得点しやすい内容です。確実に覚えましょう。
B助動詞に関連する連語
would like to 〜と want to 〜 はどちらも「〜したい」という意味ですが、would like to 〜は「可能であればの願望」want to 〜 は「生理的な意味も含めた渇望している願望」です。発展内容(私学で出題) should like to 〜(〜したい) shall have 〜(〜をあげましょう) may well 〜(〜するのは当然です) May I 〜 (〜であればなぁ)
C相手に頼む暗記すべき表現
Would you like to 〜= How about 〜ing = Why don’t you 〜 (〜は動詞を意味します)
いずれも「〜するのはいかがですか」という意味になります。この書き換えは入試でよくでます。
Can you 〜< Will you 〜< Could you 〜= Would you 〜 (〜は動詞を意味します)
いずれも「〜してくれませんか」という相手に頼む表現ですが、右に行くほど、丁寧になってきます。使う相手としては、右に行くほど、年下の人から年上の人になると理解していただいていいかと思います。






サイトマップ かがやきゼミナール

バナースペース

個別指導塾 アイメック

アイメック難波校
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中1-9-10
マッセ難波ビル7階703号室
難波校アクセス
アイメック天王寺校

〒543-0054
大阪府大阪市天王寺区南河堀9−43
天王寺北口ビル802号室
天王寺校アクセス
受付:月〜土の14時〜22時
   日曜の10時〜17時
授業や外出している場合も多いので、お問合せフォームからご連絡いただければ幸いです。

I can
本当は、You can do it !で「君ならできるよ」だとか、「やればできるよ」という、相手を励ます表現ですが、受験勉強をしている時は、自分との戦いなんだから、「頑張れ!自分よ」ですよね。だから、私は I can do it !という表現をよく用います。

己に勝つ
長丁場の受験生活では、どうしても勉強が辛く感じたり、嫌になってしまったりするときがあるものです。勉強のストレス解消に趣味で気分転換ということもありあすが、最終的に勉強のストレスは勉強で解消するくらいの気持ちで頑張りましょう。学力が上がるのって嬉しいですよね。それに人間は弱い生き物で、気分転換をいい理由にして、勉強から遠ざかってしまうこともあるのです。そんな弱い自分に克って、自信をつけましょう。

念ずれば叶う
努力は無駄にならない。もっと言えば、失敗はお金では買えない教材ともいえる。失敗を恐れず、強い願望を持って突き進みましょう。いつかは開花しますし、努力によって得られた成果は人生の大変な財産になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

jishuu
有料自習室ナビ
有料自習室ガイド
【有料自習室.com】最適な有料自習室をスピード検索!

copyright©2013 AIMEC all rights reserved.

サブナビゲーション